歯周病対策の医療行為は歯医者だけとは限らない

子供から大人まで一番病気のお世話になる医療機関は大病院でも大学病院でもなく、街中にある中小規模の歯医者となります。
この歯医者では虫歯治療や歯周病治療などのための医療となります。
その歯の治療のうち歯周病は歯が自然崩壊する病気で、これは歯磨きの不徹底が原因で誘発されます。
これを防止するには普段の歯磨きのやり方の改善だけでなく、歯医者で歯についてる歯石や歯垢を取り除いてもらわないとなりません。
さてその歯石や歯垢の除去ですが、それ自体を行うのは必ずしも歯科医師ばかりとは限りません。
治療を行うスタッフには少なくても歯科医師と歯科衛生士の2種類が存在します。
このうち院長を勤務するのは歯科医師でほとんどは男性、一方の歯科衛生士は従属的立場で大半は女性が担当しています。
この2種類に関して、歯科医師と歯科衛生士ができる担当範囲は異なります。
歯科医師は歯周病治療も虫歯治療も麻酔注射もできるのに対して、歯科衛生士はレントゲン撮影、歯の状態検査と状況説明、そして歯周病治療のための歯石や歯垢除去などに限られてしまいます。
そのため歯科衛生士さんは麻酔注射や抜歯や虫歯治療は行えません。
人数規模が数人以上のようなクリニックになると、歯の状態検査や歯石除去などは普段は歯科医師ではなく歯科衛生士が行うことになります。
歯科医師は歯科衛生士ができない範囲の医療行為と、全ての患者の最終確認を行う程度となります。