医療ソーシャルワーカーの支援法

医療ショーシャルワーカーは入院中の生活だけでなく、退院後の生活の援助も行っています。
病状は安定していても後遺症が残ることや、継続してリハビリテーションが受けられること、退院後もサポートが受けられることなどを説明し、利用者の不安を軽減するのも役割の一つです。
治療に関して参考になる情報があれば、医師や看護師、専門職への情報提供を行います。
介護保険制度利用の申請をし、ケアマネジャーにつなぎ、介護サーボス利用の段取りをつけたりもします。
利用者の身体状況や、家族の介護する力、自宅の状況などを含めてどのような介護サービスが必要なのか、通院治療や在宅療養は可能なのかどうかを検討したりする仕事です。
また、その結果をケアマネジャーと共有し、利用者とその家族が在宅介護を利用しながら生活ができるように支援していきます。
このように、医療ソーシャルワーカーは直接、治療に携わることはありませんが、治療を効果的に行い、治療後も安心して生活できるように支援します。